ブログお引越しします


長らく使用してきたWordpress.comを卒業して、独自ドメインを取得してお引越しします。

新MCTの憂鬱としてスタートします。

http://mctjp.com

 

とりあえず、記事は移行完了して細かい設定はこれからになります。

こちらの記事はしばらくしたら削除いたしますので、ご了承ください。

広告

Active Directory のスキーマバージョン確認方法


Windows Server 2003 の EOS が 2015年7月15日 ということもあり、新しい OS へ移行を計画、実施を行っている企業は多いと思います。

その際、現在最新バージョンである Windows Server 2012 R2 をローリングアップデート方式でインストールする場合は、以前のように、Adprep を使用してスキーマの拡張を行わなくもよくなりました。

しかし、本当にスキーマの拡張が行われたのか確認したい場合は次の方法で確認できます。

ADSIエディターを起動して、スキーマに接続します。

WS000003

スキーマを展開して、コンテナーを右クリックして[プロパティ]を選択します。

WS000004

objectVersion の値を確認しましょう。

Windows Server 2012 R2 の場合は「69」になっているはずです。

Version Windows Server Version
13 Windows 2000 Server
30 Windows Server 2003
31 Windows Server 2003 R2
44 Windows Server 2008
47 Windows Server 2008 R2
56 Windows Server 2012
69 Windows Server 2012 R2

 

覚えておきたいAzure Backupの変更点


とあるお仕事で、久しぶりに Azure Backup の設定を行ったのですが、知らないうちにいろいろと変わっていました。

そこで、2015年1月現在の Azure Backup の構成方法を記載しておきます。

Azure Backup の構成手順は以下の通り。

  1. Azure 復旧サービスにコンテナーを作成
  2. コンテナー資格情報をダウンロード
  3. Azure Backup エージェントのダウンロード
  4. Azure Backup エージェントのセットアップ
  5. サーバーの登録
  6. WSBとの統合
    という流れになります。

特に、今までは証明書を作成してAzureに登録する必要がありましたが、そのようなめんどくさい手順はなくなりました。

Windows Azure Backup エージェントのインストールと証明書のアップロード

Technetにはまだ残っていますが、もうこのような手順は必要ありません。

それでは、画面を見ながら追っていきます。

この投稿の続きを読む

Teclast X89Win に日本語OSを入れる


実は先月、自分の誕生日プレゼント用に中華タブを購入しました。

これは西の人がお勧めしていたもので、Teclast社製 7.9インチ、IPS(2048×1536)液晶、Intel製クアッドコアチップ(2.16GHz)搭載のハイスペックWindowsタブレットです。

そして、お値段が安い。これで税込22,480円です。

また、大きさがiPadminiとほぼ同サイズなので、iPadminiの周辺グッズが使えるかもという淡い期待があります。

当然のことながら、言語は中国語となっておりそのままでは非常に使いにくい。

言語パックをダウンロードして日本語化して使用する方法もありますが、これはこれで若干のこる中国語(特にストアアプリなど)が気になる。ストアアプリを日本語化したい場合は、一旦中国語のストアアプリを削除して日本語のストアアプリをインストールすれば日本語になります。

タブレットを使用するにおいて、以下の周辺機器を購入しました。まずはケースです。

Inateck iPad Mini 2 Retina/iPad mini3 専用 ケース カバー プロテクターケース(カラー:グレー)

確かにiPadminiと同サイズなのですが、そこは中華仕様なので多少の誤差はあるとの情報いただきましたので、はめ込むタイプのものだとうまくつかないことがあるそうです。そこで今回は袋タイプのケースにしました。

この投稿の続きを読む

回復用コード忘れずに


さて、私ごとですがiPhone5からiPhone6機種変更します。

そこで、バックアップをあらかじめとっておくように言われたのでその作業を行っていました。

が、iPhoneのアプリでGoogle Authenticatorが入っていたことを思い出しました。これ、多要素認証で使用するアプリケーションなんですよね~

これ、AzureやOffice365にも使えるすごいやつですw

IMG_0562

嫌な予感がして調べてみるとAuthenticatorの設定は全く引き継がれないことが判明。ではどうするか?

そもそもデバイスがないとログオンできなくなるのでそれはまずい・・・

今回は既にデバイスが変わることが分かっているので解除してしまいますが、本来は回復用コードを作成するのがベストでしょう。回復用コードは各アプリケーションによって作成方法は異なりますが、今回は、Liveメールで設定してあったのでそちらを確認します。

まずは、Liveメールを開いてアカウント設定を開きます。

image

パスワードとその他の変更をクリック

image

回復用コードからセットアップをクリックする

Live

復元用コードが生成されるので大事に保管しておきましょう。これで、デバイスが紛失しても何とかなります。

Windows10 Technical Preview 提供開始


とうとう、Windows10 の Technical Preview が提供されました。

こちらからダウンロードできます。

Windows Technical Preview のダウンロード

ただし、日本語版はないので英語版となります。日本語化できるかな~と思いましたが、現在のところ日本語のLanguage Packは提供されていないようです。

WS000002

ISOをダウンロードしてインストールしましょう。

WS000000

とりあえず、日本語化はできないにしても、場所と時間、キーボードは日本にしておいたほうが使い勝手がいいですよね!

さて、シェルですが今は PowerShell が主流になりつつありますが、なんと Windows10 の コマンドプロンプト(cmd.exe)は使い勝手の良い改良がなされたようです。

特に、コピー(Ctrl+C)、貼り付け(Ctrl+V)が使えるようになりました。

また、コマンドプロンプト内の出力されたデータをテキスト選択するにはマークモード(右クリックして範囲指定)しなくてはいけませんでしたが、左クリックで選択できるようになりました。

WS000003

PowerShell と遜色のない操作性をコマンドプロンプトは手に入れましたね!

 

ADMT の要件が変わりました


Active Directory Migration Tool (ADMT) Guide: Migrating and Restructuring Active Directory Domains

の英語版がアップデートされました。ちなみに、日本語版は変更されていません。

この英語版のガイドではADMTの要件が変更されています。今までは、Windows Server 2008 R2 までしか対応していませんでしたが、Windows Server 2012 R2 に対応しました。

ダウンロードは以下から可能です。

Password Export Server (PES)- x64

Active Directory Migration Tool (ADMT) QFE – x86

今までは Windows Server 2012 R2 のドメインコントローラー、メンバーサーバーにはインストールができなかったので Windows Server 2008 R2 をメンバーサーバーとして追加して、ADMT専用サーバーとして用意しなくてはいけませんでしたがこれからは、直接 Windows Server 2012 R2 にインストール可能になります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。